« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

芦屋釜の里

    ひと月前になりますが先月の11月23日に釜で有名な芦屋にいってきました。(^^♪Img_0581_2_1Img_0583_2_1

芦屋釜の里というところにいってきたんですが、この芦屋の釜というのはとても有名で、国の重要文化財に指定されている9つの茶の湯釜のうち、なんと8つが、芦屋で作られた「芦屋釜」なんです。

前から一度行ってみたかったんですが、わりと近場だったからでしょうか?中々行く機会がにめぐまれませんでした。←ただ単に延ばし×2にしてただけですが。。。(^_^;)

今日はこの「芦屋釜の里」オンリーでの観光を考えていたのでじっくり楽しむことが出来ました(^_^)v

入り口からなかなか堂々としたたたずまいで風情を感じさせてくれます。Img_0584_2_1Img_0641_2_1

入場チケットと一緒にお茶券を購入し中へ入ると、すぐ左のお席で立礼式にて薄茶とお菓子がいただけます。Img_0586_2_1  Img_0588_2_1Img_0587_2_1

お茶をいただいた後席を立つと、すぐ目の前には「水琴窟」という蹲(つくばい)見たいなのがありました。Img_0589_2_1 Img_0590_2_1

これは蹲の下に水を流すと「ポン・ポン・ポン」と音が響くしかけになっていました。

さらに中へ進むと、ほのかに紅葉づいたなんとも美しい日本庭園が現れます。Img_0591_2_1Img_0608_2_1 Img_0609_2_1   

この日本庭園内には大小の茶室があり、また釜の工房や芦屋釜の資料館もありました。

工房と茶室を見学できるのが一番の楽しみだったのですが、なんとその内の小茶室「吟風亭」が貸切になって中を見学することが出来ませんでした!

。。。なんで今日に限って(T_T)

まあここはしょうがないとあきらめ、外から眺めだけでも楽しませていただきました。(^^)Img_0639_2_1 Img_0595_2_1Img_0597_2_1

次に工房に行きましたが中には入れないらしく、数人の方が忙しそうに仕事をされていました。Img_0592_2_1  Img_0594_2_1 Img_0593_2_1

説明をしてもらおうと思ったのですが、ちょっと声をかけにくかったです。(^_^;)

だいたいの製作工程外は外に説明書きが置いてあるので全体の流れはつかめました。

そのあと大茶室(蘆案)に行ったんですが、ここは中を見学できるとのことだったのでじっくり中を見させていただきました。 Img_0599_2_1_4  Img_0604_2_1_2Img_0637_2_1_3Img_0612_2_1_2Img_0611_2_1_3

中を通されている時にその案内の方がこの芦屋釜のこと、日本庭園の作り、見立てを説明してくださったので、とても楽しむことが出来ました。

最後に資料館に行き、10分程度のビデオを見、そして歴代の茶釜を拝見させていただきました。Img_0615_2_1 Img_0616_2_1 Img_0623_2_1

今回はここだけを楽しむためだけだったので、時間を忘れて楽しむことが出来ました。

はっきり覚えていませんが、たぶん3時間以上いたと思います。・・・長居しすぎ?(^^ゞ

で帰ろうと思って門を出る時に思い出したんですが、チケットを買う時に近くの「芦屋町歴史民族資料館」で映画の「トラ・トラ・トラ特別展」が開催されているとのことでした。Img_0648_2_1 Img_0645_2_1

どうも芦屋海岸が撮影場所になっていたみたいです。

しかもここの入場券とセットになっていたのと、時間もまだ早かったこともありましたので、そこに少し足を伸ばしてそれからゆっくり家に帰りました。

あ~楽しかった!(^_^)vイェーイ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石ちゃん発言♪

石破防衛相もUFO論議、自民総務会長「いい加減にしろ」
 政府が未確認飛行物体(UFO)について「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定したことをめぐり、政府・与党内の反響が収まっていない。

 石破防衛相は20日の記者会見で「ゴジラがやってきたら災害派遣だが、UFO襲来だとどうか」と述べ、自衛隊によるUFO対処のあり方を問題提起した。

 石破氏は「UFOは『外国』というカテゴリーに入らないので領空侵犯とするのは難しい。攻撃してくれば、防衛出動になるが、『仲良くしよう』と言ってきたら我が国への武力攻撃にならない」との見方を披露。「(UFOが)存在しないと断定する根拠がない以上、私自身どうなるか考えたい」と語った。

 UFOをめぐって、町村官房長官も18日、「個人的には、絶対いると思っている」などと発言した。

 与党内からは、閣僚によるUFO談議に対し、「『私は(UFOは)あると思う』と言うのは、いい加減にした方がいい。政治には(ほかに)対応しなければいけないことがたくさんある」(自民党の二階総務会長)との苦言も出ている。

(2007年12月20日20時27分  読売新聞)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

久々更新ですが、たまには時事ネタも書いてみようと思います。(^^ゞ

まあ、確かにUFOがいるとか、いないとかの問題は個人的にどう発言してもいいと思うんですがダメなんでしょうか?マスメディア的には?

地球人がいるんだから、人では無くても何かしら生命体はいるでしょうし、ありえないことではないと言えるような気がします。

たぶん、人間が宇宙に行こうなんていうことを考えるぐらいだから、普通に考えて同じような考えを持つ生命体はいるんじゃないでしょうかね~

たぶんですよ!。。。。ってだんだん僕も同じ様なことをいってますね(^_^;)

石破さんは期本的にマスメディアによく出てらっしゃいますから、その辺のつかみ所はうまいと思います。

麻生さんもヲタブームをうまく使われてますしね!

 今のご時世、役人という堅苦しさを前面に出していても、今の若い者は政治には関心がわかないということをよく理解していると思います。ですから全然OKじゃないでしょうか(^^♪

ただ、石破さんにはもちょっと捻って発言してほしかったですね(^^)

たとえば

 ①「UFOは『外国』というカテゴリーに入らないので領空侵犯とするのは難しい。

 ②攻撃してくれば、防衛出動になるが、『仲良くしよう』と言ってきたら我が国への武力攻撃にならない」

 ③「(UFOが)存在しないと断定する根拠がない以上、私自身どうなるか考えたい」

 このあたりうまいと思いますが、もちょっと行けるなら

 ④「UFOが領空侵犯をし、わが国に攻撃を仕掛けてきた場合、現在配備中の『PAC-3』で迎撃が可能か。」

 ⑤「イージス艦によるレーダーシステムで対応できるのか」

 ⑥現在配備予定のF-22のステルス性能はUFOに対し通用するのか

 ⑦「戦闘になった場合の損害の規模はどれぐらいになるか」

 ⑧その場合の他のアジア諸国(中国・北朝鮮)の動向はどうか

「などを検討にいれ、さまざまな角度から十分な議論をもって対応していきたいと思う」

程度のことぐらいは洒落で言ってほしかったですね~

。。。。ってここまでいうとオタクは僕か(*^^)v

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

抽選で初めての当選!(^^♪

今回はちょっと嬉しいことがあったので、ご報告します。(^^♪

実はこのブログで使わせていただいてる!「ココログデザイン」

「お茶犬Sweets おかしのおうち」のキャンペーンになんと当選しました(^^)v

「パチ!パチ!パチ!」(^^♪

実は僕は生まれてこの方、この手の抽選系のプレゼントって当たったためしがなかったんです!

もう目茶苦茶嬉しいです(^^♪

スタッフの皆様方!本当にありがとうございますm(__)m

これからも素敵なテンプレートを色々使わせていただかせていただきたいと思います!

ありがとうございました。

ただ。。。。。写真が下手な「いも」ですのでそこら辺は大目に見てくださいね(^_^;)

んんんんんん~本当にめちゃめちゃ嬉しいです~。

ヒッヒッヒ~

Img_0651_9 Img_0655_7

ね!

可愛いでしょ(^^♪

ほしいって言ってもあげないよ~(^^)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »